25 (912x1280)

こんにちは、さりーです。

私、採血されただけで30分横になるタイプですが、息子は果たして・・・

というわけで(どんなわけで)、先日行ってきた予防接種レポです!


生後2ヶ月目となったその日に予防接種に行ってきました。


総合病院と悩みましたが、これから何度も予防接種があることを考慮して、我が家から徒歩3分の小児科を予約。激近。


今回は定期摂取の3種類(B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌)と任意摂取の1種類(ロタウイルス)です。


小児科のドアを開けると、


「んんんnぎゃああぁぁあああっ!!!!!」


断末魔の叫び声が部屋中に響き渡っていました。
ああ、小児科ってかんじするわ・・・。


「数分後には息子も。」


そう思いながら、優しい気持ちで受付を済ませました。
(子どもがうまれると人に優しくなれる気がしますね。)


待ち時間もなく、そのまま診察室へ。


中には、看護師の女性2人と白髪交じりの無愛想な男性の先生がいました。

看護師さんが手際よく息子の上半身を脱がせて、私のひざの上に乗せます。


医師「じゃ、おかあさん。予防接種ね、副作用でなにが出るかは渡した書類にも書いてあるから、気になったら後から見てみて。」


私「はあ。(説明せんのかーい)」


医師「B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌で3本あるから、右に2本と左に1本打つからね。」


私「え!?(そんなにたくさん・・・?)」


国から「必ず受けろ」と用意された3種類なので、なぜか「1本にまとまっているだろう」と思い込んでいた私。


え、こんな生まれて数ヶ月の子に3回も針打つって過酷すぎん???

血液の中で一緒になるなら最初から混ぜときゃよくない???(どんな発想よ)


私「・・・あれ?そういえば、もういっこ、ロタっていうのは・・・?」


医師「それはシロップ。最後に飲ませるから。」


私「はあ。(なんか塩対応やなこの人・・・)」


看護師「じゃ、おかあさんは赤ちゃんの手を握ってあげていてください。私たちは、腕と頭と両足を押さえますんで。


めっちゃ押さえられるやん。


親+看護師2人がかりって。どんだけ赤ちゃん暴れる予定ですか。


そんなに押さえつけとかないとだめなくらい赤ちゃんにとって注射は恐怖なんだと思うと、もう可哀想で可哀想で・・・。ちょっと涙目になりながら息子の手をぎゅっと握り締める私。


医師「はい、打つから押さえててくださいね。」


(どきどきどきどき・・・・)


ぷすっ


息子「・・・」


(あれ・・・気づいてない・・・?)


息子「・・・ぁう」


(時間差で気づいたーーー!!!!!!)


医師「はい、終わり。次。」


息子「・・・・・。」



気づいたのに、我慢した!!!


気づいたのに、我慢した!!!!!!


(2回言う)


続く2本もぐっとこらえて黙っていた息子。


え・・・まじ・・・???


これ、私の息子・・・???(注射でいつも半泣きするアラサー)


一切泣かないまま、最後のロタ(シロップ)へ。



医師「はぁい~、がんばたねぇ、最後においちいおいちい飲むよぉ~」


(!?!?!?!?)


この無愛想なおじいちゃん先生、赤ちゃんにだけ優しいタイプだったようです。



最後のロタシロップも嫌がることなく飲んで、難なくクリア。


医師「これね、副作用で10人に2人くらい熱出るから。じゃ、お大事に。(しれっ)」


私には最後まで塩対応だった医師。

いや、地味に副作用出る確率高くて心配なんですけど・・・。


そんなかんじで初の予防接種は終了。終始良い子に徹した息子なのでした。チャンチャン。



☆ポチッとしてくださると更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ