21 (885x1280)

こんにちは、さりーです。

「家政婦恐怖症」

これ、わたしが勝手に名づけてるだけなんですけど、去年の12月に産休に入ってからというものの3回ほど発症してまして。昨晩もとうとう発症してしまいました。



「私、家政婦じゃないから!!」

と夫に泣きながら訴えるという事案が。

要は、「家事だけやってくれる都合のいい女だと思うなよ!!」と訴えてるわけです。

いやー、めんどくさいですね。。。


ここで夫のために弁明しておくと、


・夫はしょっちゅう料理・洗濯・掃除をしたことに対して「ありがとう」を言ってくれる
・私が調子悪そうなときはすすんで手伝ってくれる
・私が産休に入ってからは仕事の帰りが早くなり、飲み会も激減


そんな人です。夫のかがみ。(自慢か)


なのに、なぜ私は「自分は家政婦じゃない!!」と爆発してしまうのか。


たぶん、「自分のことをするヒマが無かった」からだと思うんです。


今月頭に実家から戻ってきて、家事・育児にこんなにも時間がかかるものなのかと。
まだ手際が悪すぎて、ほんとに家事だけで1日が終わるんです。


家事は嫌いじゃないけど、「誰でもできる、日常のなんでもない家事」だけが私の100%になってしまって、自分が家事だけをこなすだけの機械になってるような、そんな感覚。


さみしい。

さみしい。

さみしい。



つい最近までフルタイムで働いて、週4で飲み会があって、長い休みには一人で旅行に行ったり、そんな生活をしてたのに。振れ幅がすごすぎて。


(文面だけ見るとリア充装ってますが、ただの接待です。仕事です。)


実はブログを始めたきっかけも、自分はなにか外の世界と関わりを持ってないとダメになることが目に見えてたので、産休に入ったらすぐ作ろうと思って作ったんです。(結果、大正解)


で、たぶんここ2週間くらい更新できてなくて、ほんとに家事だけで1日が終わっていたのですごくもやもやしてしまって、その結果昨晩は号泣!という流れでした。


ちなみに昨日は、旦那が午後に有給を取ってくれて、私が役所やら病院やらを回ってる間に息子を看ていてくれてたんですよ。


そんな協力的な1日だったというのに、そんな日の終わりに突然謎の号泣をするもんだから、「なんて日だ!(by 小峠)」だったそうです。すまん旦那。


ちなみに昨日は「私、家政婦じゃないから!!!」って言ったら、


「家政婦ならもっと良い家政婦雇うわ!!!毎回毎回台所に玉ねぎのみじん切り落とすな!!!」


って反論されたので、笑って終わりました。平和~。


本日の教訓。


もやもやする前にブログ更新!


以上!!


☆ぽちっと押してくださると、更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 育児ランキング