13 (900x1280)


妊娠した本人より大はしゃぎな母です。

さて、今回はわたしが「できちゃった婚」を報告したときの話を書きたいと思います。


(なんかもうすぐ産まれるんじゃないかと思うと、はやく振り返りシリーズを書いておきたくて。笑)



そもそも、「できちゃった婚」に分類されるかも微妙なところで、もうめんどくさいから「できちゃった婚」で通してるんですが(おおざっぱですね)、時系列的にはこんな感じです。



2017年6月    親に「結婚の挨拶に行きたい」と伝え、お盆に2人で帰省することを伝える。
2017年7月上旬  妊娠発覚
2017年7月下旬  たまたま出張で地元に帰る用事があったので実家に泊まることにして、私一人で妊娠した旨を報告
2017年8月お盆  2人で帰省、改めて両親に結婚と妊娠の報告



妊娠発覚時、うれしかったのも束の間、両親のことを考えたら「やばい。」と思いました。


ギリギリ結婚したい旨伝えてるからセーフ???いや、ダメだよね??? 
保守的な厳しめの家庭だもんね???ダメだよね???




で、そこから悩んだのが、私が先に親に伝えるか or 2人で帰省したときにその場で言うか問題でした。



これはねーーー、色々ググったけどみんなそれぞれすぎて分からなくなりました。
何が順番的に正しいとか、無い。


そんな中、旦那の意見。



旦那「先にさりちゃんが伝えておいた方がいいと思うよ(^^)」



・・・この腰抜けが!!!!!!



って思いました。(すまん、旦那。)


でもね、その時は、なんで「オレに任せて!」くらいの勢いで言ってくれないんだろうと。私だって不安なのに、丸投げ??一緒に言おうよ、ねえ??って正直、思いました。


ただ、今思うと私が先に言うという選択をしてよかったなと思います。


やっぱり、妊娠していることをずっと(発覚時から帰省のタイミングまで1か月半以上)黙っておくのは親に申し訳ないし、不安。


それに、私が一人で報告したときに母親は狂喜乱舞だったんですが(笑)、父親はすっっっごいさみしそうな顔をしてこっちまで切なくなる程だったので、そんなことをいきなり連れてくる彼氏(いまの旦那)の前でさせるっていうのも申し訳ないし・・・。



結局は、私が先に言っておいてよかったんだな、って思います。正しかったよ、旦那。笑



そんなかんじで、妊娠が発覚したときに一番恐れていたのは両親の反応だったんですが、あんなに厳しくて怖いと思っていた親も喜んでくれていたので、一安心だったわけです。



そのあとは会社への報告がまた悩みの種になってくるわけですが、両親への報告のプレッシャーに比べれば・・・マシかな!笑

このへんもまたブログで書きたいと思います。



さて、今日はこれから産院です。

今日は妊婦健診外で、計画分娩にするかどうかの相談を先生としてくる予定なのでドキドキ。。。



では、いってきますー!



☆ポチッと押してくださると更新の励みになります!!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
育児ランキング





スポンサードリンク