12 (901x1280)

こんばんは~、さりーです。

ツイッターでもぎゃあぎゃあ騒いでましたが、昨日は37週健診に行ってきてちょっとショックなことがあったので、それについて書いていこうと思います。



いまおなかにいる男の子なのですが、妊娠初期の健診のときから毎回計測のたびに「頭が大きかった」んです。本当、一度も平均値にすらなったことがないくらい・・・。


だいたいその計測した週数より+2週分の平均値で出ていて、MAXで大きかったときは+4週分大きかったこともありました。(このときはさすがになにか病気なんじゃないかと疑った)


ちなみに、足の長さや胴回りの大きさもその分大きければいいんですが、その他は+1週程度。普通よりも大きいけど、特に顔が大きめな子みたいです。
わたしも、買った帽子はいつもキッツキツな頭でか子タイプなので、「DNAのせいですまんねえ・・・」くらいに思ってました。



で、今回の健診。



先生「えっ・・・あの・・・これまでも、頭大きいって言われてました・・・?」

私「はい、毎回。」

先生「すごい・・・年に1~2度レベルの立派な頭を持った子です・・・



え????


えええ????


ここ、県内でトップクラスに大きい病院で、だいたい月に130~150人の赤ちゃんが産まれてるそうだけど・・・てことは・・・???



約1500人中トップの逸材ってことか!!!!


いらん!!!!まじでその称号いらん!!!!wwww



ちなみにこちらが昨日のエコー写真に書いてある測定値。↓


a



BPD 10.02cm =  頭の直径

新生児の頭の直径が10センチを超えることはほぼないと言われているそうなので、37週6日で10センチを超えてしまったわが子がいかに頭が大きいかがわかります・・・。



先生「あの、今から陣痛促進剤打って出産してしまうという手もありますよ。



今!?!?


そんなレベルで!?!?



ところが私、このときはまだ現実味がない状態だったので、先生がそれを見抜いたらしく、


先生「いや、うん、君、まだそんな顔してないね。産むって顔、してない。また考えて、産みたくなったら連絡ください。」


私、へらへらした顔でもしてたんでしょうか・・・。はは・・・。



そして、家に帰ってみて色々と調べたり、親と相談したり、東京にいる旦那と相談したりして、早めに計画分娩してみようか、という話になりました。


旦那も計画的に休みを取って、立ち会えるところもいいなあと思ったり。

(※ただし、陣痛促進剤を打ってもうまくお産が進まず失敗するケースは多いそうで、それはそれで心配ではありますが。)



無痛分娩でできるだけ楽に産みたい!と思っていた私が、まさか子どもの頭の大きさで、計画分娩+麻酔のあまり効かせられない無痛分娩(もはや無痛ではない)+出てこなければ帝王切開の可能性という、苦難の道を進まなければならなくなりました・・・。はあああ・・・。



次は健診外で、月曜に先生に相談に行く予定にしています!



とりあえず一刻も早く出産したいので、昨日からひまさえあればヤンキー座りをしているさりーでした。開け骨盤。



では、また更新します!



☆更新の励みになるのでポチッと押してくださるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへ